ユーメニューとXOOPS

ユーメニューは、公開当初XOOPSというシステムで構築をしていました。現在は、有限会社時代工房で開発した仕組みを使っています。XOOPSというオープンソース技術のおかげで公開をできたことに感謝の意を表して、この文書を残しておきます。

ユーメニューは XOOPS Cube Legacy というオープンソースで開発されている仕組みを用いて構築されています。

この仕組みを用いることでユーザ認証、携帯電話対応、コンテンツ管理、多言語対応などが実現できています。

具体的には HD(ホダ塾ディストリビューション)という XOOPS Cube Legacy の配布パッケージをもとに以下のモジュールを用いて構築しています(XOOPS Cube Legacy の基本モジュールをのぞく)。

  • pico(コンテンツ管理)
  • WIZ Mobile(携帯対応)
  • cubeUtils(多言語対応)
  • ALTSYS(システム補助)
  • protector(セキュリティ)

弊社をのぞく、XOOPS Cube 開発チーム、および HD 開発チームの皆様に、お礼申し上げます。

もし似たような仕組みのサイトを作りたいとお考えの場合は、XUGJのマニュアルをご覧いただくことで可能になると思います。ユーメニューのすべてのノウハウはその範疇のもので出来上がっておりますので。

「ユーメニューとは」に戻る

QRコード ケータイ用
QRコード
iPhoneアプリ版ユーメニューを入手 Android版ユーメニューを Google Play で手に入れよう